書籍『ゲストハウスがまちを変える』出版|宿場JAPAN×学芸出版社

ゲストハウスがまちを変える -エリアの価値を高めるローカルビジネス-
地域に根差したゲストハウスや小規模宿泊施設の開業本です。著者の実体験に基づく経営ノウハウをはじめ、日本のゲストハウス誕生の歴史や変遷、コロナ禍の変化や有事対策なども盛り込まれています。

株式会社宿場JAPANの代表・渡邊 崇志さんとFootPrintsの編集長「だり」こと前田有佳利による共著として、2022年4月10日に学芸出版社さんより出版させていただきました。

渡邊さんは、東京・品川を拠点に2009年以降4軒の宿(ゲストハウス品川宿など)を直営し、全国7地域の宿の開業サポートも行い、ホスピタリティの代名詞であるザ・リッツ・カールトンで働いた経験もお持ちで、日本国内でゲストハウスが急増した約10年間の変遷と共に宿泊業界に携わってきた方です。

その渡邊さんの知識と経験を取材して、惜しみなく本書にまとめています。本文は「僕」という一人称で展開されますが、寛大な渡邊さんのご提案により「渡邊さん=語り、前田=執筆」で役割を終わらせず、前田の知見も随所に散りばめさせていただくことになり、「共著」として制作させていただきました。

【概要】
まちを面白くする事業を始めよう。まちに潜む魅力が交わる場所を作ろう。それを実現するために、まちに開かれた宿を営み、人がつながり、変化の連鎖が起きる拠点にする人が増えている。東京・品川で13年前から4軒の宿を営む経営者と、これまで200軒以上の宿を取材した編集者が語る、宿づくりから始まるまちづくり。

【目次】
1章 日本のゲストハウス・カルチャーの歴史
1 外国人向け宿の変遷
2 規制緩和と供給過多によるゲストハウスの危機
3 アメリカの新しいホテル・カルチャーに学ぶ
4 コロナ禍におけるゲストハウス市場

2章 地域融合型ゲストハウスの運営
1 東京のゲストハウスの先駆け「ゲストハウス品川宿」の開業まで
2 地域融合型ゲストハウスを実現するポイント
3 東京で一番小さなホテル「Bamba Hotel」と「Araiya
4 ホテルと民泊のいいとこどりのアパルトマン「Kago#34
5 スキルを上げてスモールラグジュアリーな宿をつくる

3章 ゲストハウスの事業計画、サービスのつくり方
1 エリア選定
2 コンセプトづくりと物件選定
3 事業計画書づくり
4 施設づくりとサービスづくり
5 有事に備えてゲストハウスができること

4章 宿の価値を高め、地域と連携する運営
1 集客・サービス改善のノウハウ
2 付加価値を磨くノウハウ
3 採用・人材育成のノウハウ
4 多店舗展開のノウハウ
5 効率化のノウハウ

5章 開業支援事業のケーススタディ
1 開業を支援する「Dettiプログラム」とは
2 事業者支援事例「ゲストハウス蔵」:Uターン移住で開業した女性オーナー
3 事業者支援事例「神戸ゲストハウス萬家」:異国で開業した韓国人オーナー
4 企業支援事例「大阪西成ゲストハウスDOYA」:地域文化の消失を防ぐ拠点づくり
5 企業支援事例「Yumori Onsen Hostel」:震災で窮地に追い込まれた温泉街を再生
6 自治体支援事例「北海道網走郡津別町」:チームで取り組むエリアリノベーション

6章 これからのゲストハウスの可能性を探る対話
1 大阪のゲストハウス事業の先駆け「由苑」 溝辺佳奈
2 街を一つの宿と見立てる「HAGI STUDIO」宮崎晃吉、「NOTE奈良」大久保泰佑
3 多拠点生活プラットフォーム「ADDress」 佐別當隆志

【発行日】2022年4月10日
【発行所】学芸出版社
【体裁】四六・288頁
【定価】2300円+税
【著者】渡邊 崇志・前田 有佳利
【編集】宮本 裕美・森國 洋行
【装丁】藤田 康平(Barber)
【装画】サヌキ ナオヤ
【DTP】梁川 智子
【購入方法】 Amazon および 全国の書店にて

本書作成にあたり、ご協力くださいました皆さまへ、心より感謝申し上げます。