美浜町の漁村“アメリカ村”を楽しむ、SUP体験もできる宿

Guest house & Bar ダイヤモンドヘッド

和歌山県日高郡美浜町/個室¥4,000〜

Guest house & Bar ダイヤモンドヘッド

和歌山県日高郡美浜町/個室¥4,000〜

このページをBookmark!

JR和歌山駅と南紀白浜空港のほぼ中間にあたり、それぞれから車で1時間ほどの距離に位置する美浜町。この町にある三尾地区は、細い路地に古民家が建ち並ぶ漁村で、明治時代に多くの若者がカナダへ鮭漁業の出稼ぎに行ったことから、通称“アメリカ村”と呼ばれています。

そんなカナダ移民輩出の歴史を持つアメリカ村に構えられているのが「ダイヤモンドヘッド」。地名にちなんだ宿名かと思いきや、懐かしのドラマ『ビーチボーイズ』に登場する民宿に由来しているそう。

オーナーの大江 亮輔さんが、中学生の頃に『ビーチボーイズ』の世界観に感銘を受けて「いつか自分も海の近くで、いろんなバックグラウンドを持つ人たちが行き交う宿を開きたい」と長年憧れを抱いていたことが、ゲストハウス開業のきっかけです。「反町 隆史を目指していたはずが、気付いたらマイク 真木のポジションに…」と冗談めいて話す大江さん。日々訪れる人々を豪快に迎え入れています。

この宿の最大の特徴は、オプションとしてSUP体験ができること。インストラクター資格を持つ大江さんに教わりながら、子どもから大人まで、美浜町の海でサーフボードの上に立ってパドルで漕ぎ進むマリンスポーツを楽しむことができるのです。また、新鮮な魚介をはじめとする地元食材を用いた朝食や夕食を注文することもできるので、食事付きにするのがおすすめ!

他にも、BAR経営経験のある大江さんがつくるお酒が本格的だったり、裏庭でクククッと鳴いてる三羽のニワトリが可愛かったり、再訪すると大江さんの天然日焼けのこんがり度が増していたりと、魅力的なポイント満載。トッピングが贅沢なカキ氷屋や樹齢約300年の木がシンボルの龍王神社、夕日が絶景の日ノ岬展望台など周辺に見どころも多いので、宿を拠点に海沿いの時間をゆったり過ごしてみてくださいね。

1. アメリカ村の高台に構えられた平屋を改装し、2019年4月にオープン。BARや居酒屋づかいなど飲食のみの利用もOK。

2. 広々としたテラス席もあり、夜はキラキラと照明が灯ります。

3. シーグラスを使ったアクセサリーも販売。

4. バーカウンターの向かいにある小上がりになった共用リビングに腰掛けて過ごす時間が、なんだかとっても心地よかった!

5. どこか懐かしさを感じる館内。

6. 宿泊の定員は10名。人数や金額により一棟貸し切りもできます。

7. 共用リビングには掘りごたつも。宿泊者同士でのんびり話しているうちに、あっという間に時間が溶けていきます。

8. 美浜町の冬の名物・伊勢海老が夕食に出てくることも!

9. 飼われているキュートなニワトリさん。

10. SUP体験のデビューもいかが?

11. シャワールームが広いので、子連れでも泊まりやすそうですね。

12. 2020年にマイクロツーリズムが注目されたタイミングでの宿泊でしたが、地元・和歌山の魅力の再発見になりました!

※photo 1,8-11 by ダイヤモンドヘッド、other by FootPrints

DATA/基本データ

Name
Guest house & Bar ダイヤモンドヘッド
Address
〒644-0045  
和歌山県日高郡美浜町三尾844-2
Access
JR紀伊内原駅から車で16分 Google Maps
Price
個室¥4,000〜
WEB
https://www.facebook.com/guesthousebardiamondhead/
予約サイトへ

Category/カテゴリー