ゲストハウスとは -特徴と傾向-

更新日

ゲストハウスとは

ゲストハウス(ホステルを含む)は、他者との交流を重視した“シェアする旅の宿”です。プライベート性の高いホテルや旅館とは異なり、初対面の宿泊者同士・宿のスタッフ・地域の人々など、他者との接点が生まれる共有空間を多く設けた、パブリック性の高い宿を指すケースが多くなっています。

素泊まり1泊3000〜4000円から滞在できたり、併設されたカフェやバーに1杯から立ち寄れたり。そういった気軽さだけでなく、普段のコミュニティとは異なる交流や、観光本にはないローカルな情報を求めて、職業・年齢・国籍を問わず、多彩なバックグラウンドの人々が世界中から集まっています。

その空間の在り方は、まるで “百科事典”のようです。「あ(A)」から「ん(Z)」までページをめくるように、さまざまな人々の価値観に触れることで、世界観が広がる。日常生活に戻り、ふと「こういう時、あの人ならどうするだろう?」と思考回路を引用し、新たな答えにたどり着けるようになる。

そんな「暮らしの選択肢」が広がる旅の宿に、あなたも行ってみませんか?

ゲストハウスの特徴

当サイトでは、ゲストハウスの特徴を下記のように捉えています。法的な定義が確立されていないため、あくまでFootPrintsとしての認識です。但し書きの通り、2・3・4にはバリエーションがあり、1が全体の共通軸となっています。ホステルやバックパッカーズと呼ばれる宿も、ほぼ同義語です。

  1. 交流スペースが存在 
  2. 1泊素泊まりから滞在可  ※食事や食材込みの場合もあり
  3. ドミトリー(相部屋)が存在  ※個室のみの場合もあり
  4. トイレとシャワーなど水回りが共有  ※各個室に付属の場合もあり

ゲストハウスの傾向

国内で誕生したのは、1970年頃と言われています。ルーツの違いから、ゲストハウスという呼び名は、小規模な古民家型の宿を指す傾向にあり、アジア系の方々に親しまれている言葉です。ホステルやバックパッカーズという呼び名は、大規模なビル型の宿を指す傾向にあり、欧米系の方々に親しまれています。

  • ゲストハウス : 小規模・古民家型・アジア人に馴染みあり
  • ホステル or バックパッカーズ : 大規模・ビル型・欧米人に馴染みあり

2011年頃から急増し、当時は約300軒と認識されていた軒数も、2019年現在では1000軒以上になったと言われています。ゲストハウス増加の背景には、インバウンド・SNSなど個人の情報発信ツールの発達(主にFacebookとTwitter)・空き家の活用(既存物件のリノベーションタイプが9割、新築は1割)・地方創生(移住者が地方で仕事をつくる手段として)など、さまざまな要因が重なり合っています。

リーズナブルな宿が多いにもかかわらず、空き物件をデザイン性高くリノベーションしたものや、併設されたカフェやバーで地元の食材やお酒が味わえるもの、海辺や里山にあり大自然が堪能できるものなど、快適で個性的、かつ魅力的な思いを込めて運営されているゲストハウスが日本各地に存在しています。

  • ゲストハウスが多い県 : 東京・京都・大阪・北海道・沖縄など
  • ゲストハウスが少ない県 : 仙台を除く東北全域など ※今後増える可能性あり

ゲストハウスのあるある用語

・ドミトリー:相部屋のこと。「ドミ」や「DM」と略される。カーテン付きの2段ベッド式が多い。
・混合ドミトリー:男女混合の相部屋のこと。「混合ドミ」や「MIX(ミックス)」と略される。
・女性専用ドミトリー:女性専用の相部屋のこと。「女ドミ(ジョドミ)」や「FD」と略される。
・男性専用ドミトリー:男性専用の相部屋のこと。「男ドミ(ダンドミ)」や「MD」と略される。
・個室:「PR(プライベート・ルームの頭文字)」と略されることもある。

ゲストハウスに有るもの・無いもの

下記はあくまで平均的な目安です。宿泊前に必ず、各宿の公式サイトをご確認ください。
・きっと有る:ドライヤー、ハンガー、Wi-Fi、枕元の電源、枕元の明かり
・たぶん有る:シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、貴重品ボックス
・たまに有る:タオル、化粧水、乳液、耳栓、フリードリンク、朝食、手づくりのマップ
・有料なら、きっと有る:タオル、歯ブラシ、洗濯機
・有料なら、たまに有る:乾燥機、レンタサイクル、朝食
・きっと無い:パジャマ、浴衣

ゲストハウスを楽しむための3ケ条

  1. 夕食前にチェックイン:おすすめの飲食店を聞いてみる。運が良ければ旅仲間も見つかるかも。
  2. 能動的が吉:「きっとしてくれるはず」と待たず、気になることがあればポジティブに行動を。
  3. 2泊2訪以上:2泊以上で居心地が増し、2訪以上で季節や地域の変化が楽しめます。

(文:FootPrints だり / イラスト:たきもと つよし