クラウドファンディング・サポート|MotionGallery

更新日

2018年2月よりFootPrintsは、クラウドファンディングのプラットフォームサイトMotionGallery(モーション・ギャラリー)と提携し、クラウドファンディングに挑戦される方を無料でサポートしています。新しいプロジェクトをはじめる予定で事前の宣伝や資金調達の手段を検討中という方は、よければご相談ください。対象はゲストハウス案件に限りませんので、どなたもお気軽にぜひ。

MotionGallery、およびクラウドファンディングとは

MotionGalleryは、アートやまちづくりなどクリエイティブな活動の支援に力を入れた国内最大級のクラウドファンディングのプラットフォームサイトです。業界初期となる2011年から運営を開始。手数料は国内最安値の10%(カード決済料5%含む)。 第42回日本アカデミー賞で8部門を受賞した話題の映画「カメラを止めるな!」もMotionGalleryを活用していました。

クラウドファンディングとは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語です。「映画館をつくりたい」や「運営しているゲストハウスにカフェスペースを拡張させたい」「地域の情報を発信するメディアをつくりたい」など、新しいプロジェクトをはじめる際に課題となりがちなのは資金です。

そこで、インターネットを介してプロジェクトの構想を事前に広く伝えることで、制作段階からプロジェクトの趣旨を理解して資金的に応援してくれるファンを募る手法=クラウドファンディングがあります。

現在国内には、MotionGalleryの他、Makuake・Readyfor・CAMPFIRE・FAAVOなど、クラウドファンディングのプラットフォームサイトが複数ありますが、当然ながら、サイト自体にネームバリューがあるからといって各プロジェクトの資金が集まりやすいわけではありません。

なので、サイト選びは、手数料とサポート内容で検討するのが個人的にはおすすめです。比較サイトの情報は、カード決済料5%の有無が混在していたり、過去のキャンペーン価格が混ざっていたり…と誤っていることが大変多いので、自分で直接問い合わせて最新情報を確認することを強くおすすめします。

そして、プロジェクトを掲載すれば自然とお金が集まるわけでもありません。地道な個別連絡やSNSを駆使した進捗報告など、プロジェクトという船で海を渡るのは、あくまで立案者自身です。決意表明の場かつ支援者との接点をつくる追い風として、クラウドファンディングをご活用いただければと思います。

MotionGallery×FootPrints 具体的なサポート内容

MotionGalleryの姉妹会社・マイクロシアターサービスpopcornの運営にも携わるクラウドファンディング・サポート業務歴6年目の「もこ」こと梅本 智子さんと、FootPrints編集長「だり」こと前田 有佳利が、MotionGalleryを用いてクラウドファンディングに挑戦される方をW体制で無料サポートします。


(1)初回のオンライン打ち合わせ
無料のテレビ通話を用いて、クラウドファンディングに関する質疑応答およびプロジェクトの詳細をヒアリング。1人1人の状況に合わせ、進行スケジュール・参考事例の紹介・リターンのアイデア出し・ご本人によるプロジェクトページ執筆に向けて表現の提案・登録手順の案内などを前田&梅本が行います。

(2)プロジェクトページのフィードバック
ご本人によるプロジェクトページの下書き完成後、前田&梅本へプレビュー画面をご共有いただきます。ライティング・編集経験のある前田&梅本それぞれから、客観的・経験的な視点でフィードバックコメントを返させていただきます。必要と感じていただける範囲で原稿にご反映ください。

(3)リリース後もしっかりフォロー
プロジェクトページ公開後は、必要に応じて情報拡散などに関するアドバイスを梅本から適宜行います。公開後も、ご質問やご相談があればお気軽にどうぞ。

FootPrints 前田 有佳利(だり)
全国200軒以上のゲストハウスを旅する編集者。2011年よりゲストハウス情報マガジンFootPrintsを運営。2016年に書籍『ゲストハウスガイド100 -Japan Hostel &Guesthouse Guide-』(ワニブックス)を出版。他、大正大学の月刊誌『地域人』でコラム連載、greenzライター、次世代が暮らしたいと思える街をつくる企画ARCADE PROJECT実行委員、和歌山県移住PR事業の企画など。

popcorn 梅本 智子(もこ)
東京と和歌山の二拠点生活を送るシネマ秘書。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の事務局や映画雑誌の編集を経て、2013年にクラウドファンディング業界へ。現在はMotionGalleryに所属しながら、地域の活動を中心に様々な分野のプロジェクトを支える。“あなたのまちに、新しい映画体験を”をテーマにしたマイクロシアターサービスpopcornの運営メンバー。ホラー映画研究家。

※誠に恐縮ですが、プロジェクトの内容や状況によって、お断りまたは延期を提案させていただく場合もあります。
※(1)を経て「クラウドファンディングを見送りたい」という判断に至った場合もお気軽におっしゃってください。
※サポート料は無料ですが、MotionGalleryの手数料10%は通常通り必要ですので、誤解のありませんように。

過去のサポート実績

場所をつくる・場所を拡張する・仕組みをつくる・イベントを開催するなど、さまざまなプロジェクトのサポートをさせていただいています。過去のサポート実績一覧はこちら

ローカルクリエイター交流会 -Guesthouse Caravan-

「日本各地で誕生しようとしている熱いプロジェクトにエールを送りたい」というMotionGallery代表・大高 健志さんの思いと、「ゲストハウスのある旅を通じて、暮らしの選択肢が広がるきっかけを届けたい」というFootPrints前田の思いを、「もっとクリエイターに寄り添って仕事がしたい」という思いを持ったpopcorn梅本さんが橋渡ししてくださり、MotionGallery×FootPrintsの企画が誕生しています。

コラボ企画の一環として、各自の思いを織り交ぜ、各都道府県のゲストハウスを毎月1軒ずつめぐって “地域で面白い活動を企む人たちが一堂に会する場をつくることで、新たな関係性やプロジェクトの芽を育もう!”というイベント「ローカルクリエイター交流会 -Guesthouse Caravan-」も開催しています。

前田&梅本と顔を合わせてからクラウドファンディングのサポートを依頼するか検討したいという方は、ぜひイベントにご参加ください。会場付近であれば前後の日程でお会いすることもできます。イベントやまちめぐりの様子は、レポート記事動画でアップしているので、よければ覗いてみてください。

2018年12月に長野「Yamairo guesthouse」で開催させていただいた第11回のイベント。プレゼン中の様子
2018年9月に鹿児島「イワシビル」で開催させていただいた第8回のイベント。交流会中の様子
2019年7月に福岡「柳川ゲストハウスほりわり」で開催させていただいた第18回のイベント。集合写真