FootPrints Mark
Logo
東京都

東京ひかりゲストハウス

こんなのほしかった!愛でたくなる暮らし良さのある宿

Footprints
住 所

〒111-0051 東京都台東区蔵前2-1-29

アクセス

都営浅草線「蔵前駅」より徒歩1分

料 金

素泊まり1泊2800円~

設 備

混合相部屋/女性相部屋/個室

ウェブサイト

http://tokyohikari-gh.jimdo.com/

予約サイトへ
Title point 東京浅草方面、蔵前の駅から歩いてすぐの二階建ての一軒家。旅好きご夫婦が、お子さんと一緒に暮らしながら運営をしている。大工さんの作業場兼自宅として戦後すぐに建てられた、築70年の木造家屋を改修。今はアンティーク家具や小物が散りばめられた可愛い宿となっている。特に寝室まわりは「こんなのほしかった!」という棚や荷物スペース、タオル掛け等があり、また訪れたくなる暮らし良さに溢れる。

12218 views

こんなのほしかった!愛でたくなる暮らし良さのある宿

こんにちは!
FootPrints編集長だりです。
2015年10月17日(土)東京浅草方面の蔵前にある
「東京ひかりゲストハウス」さんへ宿泊してきました*
  
2014年10月8日に開業され、その数日後にメールでご連絡をいただきました。
そこには、オープンのお知らせと一緒に、とても丁寧なご挨拶のメッセージ。
私の何気ない「開業後の予約状況いかがですか?」の質問にも細かくお返事。
素敵なゲストハウスの方だなあと思っていました。
  
署名もご夫婦運営なのだろうとわかる表記だったので、なおさら安心感。
なぜでしょうね。ご夫婦で運営って聞くと、なんだかほっこりしちゃう。
  
今回、別件のライターの集まりで東京行きが決まり、1年越しの宿泊が実現!
私のスケジュールが詰まっていて、あまり長く滞在はできませんでしたが
翌朝は次の予定ギリギリまでゆったり話してしまうほど居心地の良い宿でした*
同じ建物にご夫婦だけでなくお子さんも暮らしていて、なおさらほっこりな宿泊でした。
(出逢うと、やや恥ずかしそうに、でもちゃんと丁寧に挨拶してくれる小学生の少年♪)
  
個人的には、特にベッドまわりの設備がとても好き。
ドミトリーの1人あたりの寝室空間で
◎ 荷物置きスペース(布団の上に置かなくても良いようにスペースが余してある)
◎ 小物置きスペース(しかもそれが可愛い。小さな四角の木の棚になっている)
◎ バスタオル掛け(しかも、干した時に裾がちゃんと布団につかない高さになっている)
◎ ハンガー掛けが2つ(これは最近増えてきたかな?)
以上がコンパクトに完結しているんですよー!完全な個人の好みですが、大好きなつくり。
  
洗面台にもティッシュやコップがあったり、シャワー脱衣所にゴミ箱があったり
(女性に関する話かもですが、小旅行なら使い切りの化粧落としや化粧水を使うことがあり
 お風呂場にゴミ箱があると、そのまま捨てられるから有難いんですよね) 
日常動作に近い流れが不便なくできる宿って「また来よう」と思ってしまう。
  
そうそう!こういうのほしかった!が用意されていて、便利で居心地良いだけじゃなくて
さりげなく可愛いから、なおさら暮らし良いゲストハウスだなあーと思いました*
  
浅草線蔵前駅から徒歩1分。白が基調の可愛い建物。昭和21年の建物です。
着きました!ここが東京ひかりゲストハウスさんです。
入って右手に受付、左手に女子相部屋。まっすぐ奥に廊下が伸びます。天井の板も可愛い。
廊下にあるフライヤーが置かれた棚。上にはコンパクトな貴重品入れも。
奥には共有リビング。種類の異なるアンティーク家具が素敵。ピアノがあってなんだか小学校みたい。
ピアノの上にはけん玉が!
時々こうやって、希望者を募り、築地魚市場を案内するツアーを無料でしているそうです*
実は、旦那さんのいささんは以前、築地で働いていたことがあったそう!
海外から来たゲストさんで築地に行きたいひとも多い。
一人でももちろん行ける場所ですが、どうせなら一緒に行って
説明をしてあげながら皆で楽しく過ごせたら…。そんな思いから
無理のない範囲でタイミングが合う限り、案内ツアーを実施しているそうです*
  
共有リビングには冷蔵庫もあり、買ってきたものを自由に冷やすことができます。
水色のタイルが映えるキッチン。棚の上に植物がぴょこぴょこしてます。
天井も照明もあちこち可愛いんです。デザインは妻ゆみこさんのセンスだそう!
食器棚。フリードリンクなので、朝はお茶などをいれられます。
食器も家具も、種類が統一していないのが面白いところ。
このわざと揃えていない感が、ゆみこさんがひとつひとつ惹かれて選んだという愛着と
どことなく実家っぽい懐かしさがあって、いいなあと思います。
  
お風呂場の脱衣所。服を入れる籠、タオル掛け、ゴミ箱が用意されているのが嬉しい。1階と2階にシャワールームがあります。
シャワールームには、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープが設置してあります。
さて、寝室へ参りましょう!女子ドミトリー。小上がりになっていて靴を脱いで上がります。
女子専用は9人部屋、男女混合は4人部屋。人数を考慮した値段設定のため、珍しく女子部屋の方が安い。
一人当たりの寝室スペースにはハンガー掛け等、いろんな機能が完結しています◎
枕元。荷物が置けるスペースがあったり、棚があったり。ちょっとしたことだけど、とても有難い!
バスタオルを掛けるラックもあります。自社サイトから直接予約するとバスタオルを無料で貸してくださいました* (※時期的なサービスかもしれませんので、予約前にサイトを確認してくださいね)
寝室のカーテンは、リボンで結んで閉じる式。リボンが解けても、中央が縫い付けてあるので落ちません。
廊下には洗面台があります。2階の廊下にもありますよ。
こちらがトイレ。女性専用のトイレもありました。
さて、2階にも行ってみましょう!靴を脱いで、階段の段差の下へ収納します。
階段を上ります。リビングで話込み過ぎたので、急ぎ足で駆け上がりました(笑)
階段登って振り返ると、頭上にこれ!ミシンが可愛くディスプレイ!細かいとこまで手が込んでます*
こちらが2階。男女混合の相部屋と個室づかいのお部屋があります。一室にはご家族も住んでいます。
2階の洗面台も色の違うタイルで、これまた可愛い。
運営されているのは、兼岩さんご夫婦。いささんとゆみこさんです*
戦後すぐに建てられた昭和21年の建物。かつては大工さんの作業場兼自宅でした。
共有リビングの天井が一部高いのも、長い木材を扱う作業場の名残です。
その建物を改修して、ゲストハウス兼マイホームにしているのが兼岩ご夫婦なのです。
  
実は、いささんとゆみこさん、ゲストハウスをしようと最初に思ったのは15年前だったそう!
15年前、ご夫婦と3歳になる娘さんで、1年間海外へバックパック旅行に出掛けました。
インドネシア・フランス・南アフリカ・モロッコなど、サーフィン好きのいささんがスポットを巡り
美術教師経験のあるゆみこさんが、その様子をイラストと文字で綴ってサーフィン雑誌に寄稿。
家族3人で世界中あちこちを旅していたそうです。
  
旅をするなかで、海外あちこちのゲストハウスやユースホステルに宿泊して
「もっとこうなればいいのになあ」と思うところが多く、帰国後改めて日本を見ると
「あれ?日本って、気軽に泊まれる旅人向け宿が少ないんじゃない?」と気付いたそう。
ならば、自分たちで納得のいく旅人向け宿をつくろう!というのがはじまりでした。
  
いささんとゆみこさんは、相談してもいないのに意見が重なることが稀にあるそうで
15年前のゲストハウス開業も「私もそれ思ってた!」と重なった想いの一つでした。
そこで二人が師匠のように慕っている友人に、いつか開業をしようと思うという話をすると
何でも簡単に賛成してくれるタイプではないその友人が「いいね」と背中を押してくれました。
  
その時、その友人から「人が喜ぶことをすることで、光(運や縁)が集まってくるんだよ」という
言葉をかけてもらったそうです。ずっとその台詞がじんわりと二人の心に残っていました。
  
そして、資金調達や、環境変化など紆余曲折がありながらも
やっぱり開業をしようと15年越しに想いを実現し、あの時の友人の言葉を思い出して
屋号に「ひかり」という言葉を入れようと、またもや二人の意見がぴたりと一致。
そして、東京ひかりゲストハウスが誕生することとなりました。
  
今では娘さんは19歳になり、一人暮らしをはじめ、ゲストハウスの2階にある1室で
ご夫婦と小学生の息子さんが住みながら、宿を営んでいます。
  
世界各地のゲストハウスを見て「こんなのほしかった!」を自分たちの手で形にしていて
15年の想いの集積や、屋号に込めた祈りのような気持ちも、とても素敵だなあと思いました*
  
私が、全く面識のないところからPC経由のメッセージで繋がって
宿泊して記事にさせていただいたのはこれがはじめてではないでしょうか。
不思議なご縁ですね、お話聞けて良かったー!
  
今度は、後ろのスケジュールを気にせず、もっともっとゆっくり伺いますね*
  
  
*こちらのゲストハウスは、FootPrints推奨の下記の本でも紹介されています。
 『ゲストハウスガイド100 -Japan Hostel &Guesthouse Guide-
 実体験をもとに全国のゲストハウスから100軒を厳選した、初の全国版ガイドブックです。

東京都の他のゲストハウス

ページトップに戻る

Title others

その他いろいろ

Footprints ゲストハウスとは
「ゲストハウスって何?」という方へ。当サイトの定義です。
Footprints 宿開業における法的な手順概要
ゲストハウス開業における手順、大枠の概要をまとめました。
Footprints ゲストハウス・マガジン
大正大学の月刊情報誌「地域人」で、ゲストハウス紹介コラムを連載しています。
Footprints ゲストハウス BOOK LIST
最近、国内のゲストハウスに関する書籍が増えてきたので、まとめてみました。
Footprints インスタはじめました
FacebookとTwitterで新着情報、Instagramで旅の記録をそれぞれ発信中!