大正後期の京町家の暮らし。東山の商店街にある宿

沖のまちやど

京都府京都市/個室¥7,500〜

沖のまちやど

京都府京都市/個室¥7,500〜

更新日
このページをBookmark!

惣菜屋や薬屋が並ぶレトロな古川町商店街内にあるゲストハウスが「沖のまちやど」です。大正後期に建てられた2棟の京町家が宿として生まれ変わっています。「火袋」という名称を持つ土間の吹き抜けや、京都では「おくどさん」という呼び名で親しまれる釜戸、葦(アシ)で編んだ天井飾り、竹をあしらった飾り棚など、かつての暮らしの面影を各所に残しています。神棚の上に、漢字の「雲」を書いた紙を貼るという昔ながらの習慣も継いでおり、それらの理由を1つ1つ聞くだけでも学びが多くて楽しいです。2棟のうち一方が寝室、もう一方が談話室になっています。沖さんご夫妻のゆるやかな雰囲気にもほっこり。

top & photo by 沖のまちやど

photo by 沖のまちやど

photo by FootPrints

photo by 沖のまちやど

photo by FootPrints

photo by 沖のまちやど

photo by 沖のまちやど

photo by 沖のまちやど

photo by 沖のまちやど

DATA/基本データ

Name
沖のまちやど
Address
〒605-0026  
京都府京都市東山区古川町542-2
Access
地下鉄「東山駅」から徒歩2分 Google Maps
Price
個室¥7,500〜
WEB
http://www.okimachi.com/
予約サイトへ