蘇りの地・熊野で「This is Kumano」に出会う、元侍の宿

WhyKumano Hostel & Cafe Bar

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町/相部屋¥3,000〜、個室¥12,000〜

WhyKumano Hostel & Cafe Bar

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町/相部屋¥3,000〜、個室¥12,000〜

このページをBookmark!

昔々あるところに、大志を抱いて紀州藩を脱藩した侍がいました。追手から逃れようと川に飛び込んだことで、幕末から現代へタイムスリップ。諸国漫遊の旅を続けた末、侍はある答えにたどり着きます。自分にとって最愛の地は、故郷・紀州にある熊野なのだと。こうして侍は、“蘇りの地”と称される世界遺産「熊野古道」の参拝における最後の滞在地、和歌山県那智勝浦町にゲストハウスを開いたのです。完

といった設定…いや経緯で、「ごろさん」の愛称で親しまれる元侍の後呂 孝哉さんが、2019年7月にはじめた宿がWhyKumano(ワイクマノ)。「2020年外国人が訪れるべき日本の観光地ランキング」で1位に選ばれるなど、なぜ熊野は長きにわたり人々を魅了し続けるのか?の問いに対して、一人ひとりにとっての答え「This is Kumano(これこそ熊野)」が見つかる案内役を買って出ています。

宿が位置するのは駅前ビルの2・3階。窓から駅の電光掲示板が読めるくらいの好立地。洗練された内装で、熊野古道をイメージした3階の相部屋が特に印象的です。2階の共用ラウンジはカフェ&バーにもなっているので、こだわりの焙煎コーヒーや地酒を味わうこともできます。特に熊野は日本酒が美味しい!

徒歩圏内に地域の見どころが凝縮されているのも嬉しいポイント。生マグロの水揚げ高日本一を誇る勝浦漁港でセリを見学したり、美しい海を眺めながら温泉の足湯に入ったり、マグロのお刺身を買って海岸でピクニックする通称“マグピク”をしたり。WhyKumanoのビル1階にある飲食店「bodai」のマグロカツも最高に美味しいんです。半生のマグロカツにおろしポン酢を付けていただく、至福の味わいっ。

最近は、新型コロナウイルスに伴う休業・自宅待機の期間であっても心豊かな時間を届けようと、“旅先での出会い”を擬似体験する「オンライン宿泊」を実施。各地のゲストハウスオーナーまで参加するほど好評で連日満床なので、宿のSNSで情報を追って参加を狙ってみてくださいね。

top & photo by Maruyama Yoshiki

photo by FootPrints

photo by FootPrints

photo by Maruyama Yoshiki

photo by FootPrints

photo by FootPrints

photo by FootPrints

photo by FootPrints

photo by FootPrints

DATA/基本データ

Name
WhyKumano Hostel & Cafe Bar
Address
〒649-5335  
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地5-1-3 2F
Access
JR那智勝浦駅から徒歩10秒 Google Maps
Price
相部屋¥3,000〜、個室¥12,000〜
WEB
https://www.whykumano.com/
予約サイトへ

Category/カテゴリー