FootPrints Mark
Logo
香川県

bamboo village

アート作品に囲まれる丘の上の宿

Footprints
住 所

〒761-3110 香川県香川郡直島町本村3299-2

アクセス

宮ノ浦港からバス「農協前駅」で下車し徒歩4分

料 金

素泊まり1泊4000円〜

設 備

女性相部屋/男性相部屋/個室

ウェブサイト

http://www.bamboovillage37.com/

予約サイトへ
Title point 瀬戸内海に浮かぶアートな離島「直島」その本村の町並みと瀬戸内海を見下ろせる高台に位置する宿。2012年5月3日にOPEN。宿全体のあらゆる空間がギャラリーとなっており、アーティスト細見博子氏のガラスと錫で造られる生き生きとした作品等が点在。直島のゲストハウスの中では少し高値の設定だがアメニティの充実・宿のロケーション・作品に囲まれた贅沢な空間・朝食込みだと思うと納得の価格。直島を一段違った角度から味わえる。大切な誰かを連れて行きたくなる、そんなゲストハウスだ。

16269 views

アート作品に囲まれる丘の上の宿


2014年5月8日に一泊させていただきました。
直島3日目は、本村の町並みと瀬戸内海の海を見下ろせる高台に位置するお宿
2012年5月3日にOPENされたbamboo village(バンブービレッジ)さんです♪


実は以前じゃらんから発行されたムック「ひとり気まま旅」で
編集デスクを担う同期から「ゲストハウス詳しかったよね?」と声を掛けてもらい
直島のゲストハウスを紹介する際に、まだ行ったことがないけど良さそうな宿として
私から推薦して実際取材で取り上げてもらった、そんな気になるゲストハウスでした。


他のゲストハウスが素泊まり相部屋で3000円台が多い中、こちらは素泊まり相部屋で4000円。
他の宿オーナーさんからも1段高い値段設定なのになぜ人気なのか知りたい!と言うお声も♪
宿泊してみて実感。このお宿、4000円でも安いんじゃないかって思えます!


何が良いかって、一番大きいのは宿全体が作品の展示空間になっていること。
宿の中が数多くの作品で溢れていて、贅沢にも作品に包まれながら宿泊できてしまうのです。
その作品のほとんどが細見博子さんという有名な女性アーティストの作品
アート好きな人は一度は見たことがあるのでは、あのガラスと錫(スズ)で造られた
まるで生きているかのような生き物たちのアート。代表的なのはお腹がガラスの蟻でしょうか。
以前、有馬温泉に行った時この方の作品が町に展示されているのに偶然出逢ったことがあります。
また、信楽焼作家yasuoさんの作品も展示されています。


次にこの宿のロケーション
丘の登り口には、近隣の白いわんちゃんが時々ちらりと登場♪(繋がれているのでご安心を)
カラフルなフラッグガーランド(旗が連なった飾り)が何重にも掛かった
宿名通りの竹のある丘をぐんぐん登っていきます。
さらに、カエルの作品達が楽しそうにあちこちはしゃぐ庭を通り抜け、玄関に辿り着きます。
扉を開けてリビング窓から外を見ると綺麗な海と離島の景色
直島のこのロケーションが臨めるゲストハウスはなかなかありません。


そして、最後に館内設備の充実
相部屋式がありリビングでゲスト同士が会話でき、対応してくださるスタッフの綾さんも
とっても大らかで丁寧な方で、ゲストハウスとしてとても良い環境を保ったまま
一般的なゲストハウスよりアメニティが充実しているのです。
バスタオルとフェイスタオルが無料貸し出し、歯ブラシも無料貸し出し。
シーツも綺麗に敷かれ、各室内には良い香りが漂い空気清浄機が設置されています。
オシャレな瓶に入ったミネラルウォーターも無料でいただけます。さらに朝食付き。
持ってくるのはパジャマと、女性なら化粧落としと化粧水くらいで済みそう。


元の設定が安くなっていて自分で追加できるスタイルの宿も素敵ですが
最初から全てセットになっているスタイルはゲストハウス慣れしてない方にはわかりやすいよう♪
ゲストノートを見てみると女性一人旅お子さん連れのご家族での宿泊がたくさん見られ
こちらでの宿泊に対する感謝のメッセージがいっぱいでした。


竹と木が生い茂る丘の入口。ここから入って行きます!(時々右手前に白いワンちゃんが居ます)
ずんずん進んで行きます。ひらひらする旗が可愛い。
上まで登るとこの景色!!離島と海が臨めます!!
庭先には細見さんの作品であるカエルがロゴマークを掲げています♪
さて玄関目指して進みましょう!
見えてきました!こちらがゲストハウスです!!
玄関を開けると、良い香りがして、目の中に作品がいくつも飛び込んできます♪
リビングからは作品越しに先ほどの景色!!
赤が印象的に鏤められる落ち着きのリビング。広いです。
奥の席。
手前の席。
引き戸の取っ手も可愛いアート。
こちらも細見さんの作品です。照明♪
ザリガニの照明アートもありました♪
壁からニワトリが飛び出ているものも。
外の斜面にも、よく見るとニワトリの作品が遊んでいます。
太陽の塔もあります。
こちらも照明の作品。
あっちこっちに作品が潜んでいるので、ぜひ探してみて下さい♪
宿泊のお部屋はこちらでした!空気洗浄機が各部屋に付いていてすごく清潔!!
アメニティも可愛く籠に入れて置いてくださっていました♪バスタオルや歯磨きなど♪
シャワールームはこちら♪
トイレはこちら♪
洗面台も綺麗です♪
冷蔵庫にはミネラルウォーターのプレゼントが。
朝食はこちらからパンや珈琲を取ってセルフでいただきます♪
こんな感じ♪
お部屋から見た景色など、本当あちこちに作品があるのでじっくり宿を見て回って下さい。
夜の玄関はより一層雰囲気が出ています。
海や湖が近いゲストハウス / 女性オーナーがきりもりする宿

関連記事


香川県の他のゲストハウス

ページトップに戻る

Title others

その他いろいろ

Sm footprints 特集|KEYS INTERVIEW 02
「株式会社 宿場JAPAN」渡邊 崇志さんに聞く、“伴走・共有型”の開業研修と、日本のゲストハウス誕生の経緯。
Footprints 特集|KEYS INTERVIEW 01
メディア「MATCHA」青木 優さんに聞く、世界から見た日本のゲストハウスの今。中長期滞在を導く要素“ゲーム性”とは。
Footprints ゲストハウスとは
「ゲストハウスって何?」という方へ。当サイトの定義です。
Footprints 宿開業における法的な手順概要
ゲストハウス開業における手順、大枠の概要をまとめました。
Footprints ゲストハウス・マガジン
大正大学の月刊情報誌「地域人」で、ゲストハウス紹介コラムを連載しています。
Sm footprints クラウドファンディングお手伝い
MotionGalleryをご検討中の方、無料でサポートしています。