FootPrints Mark
Logo
徳島県

自然菜食と田舎暮らしの古民家宿 空音遊

秘境でマクロビ料理。日本初の古民家ゲストハウス

Footprints
住 所

〒778-0104 徳島県三好市西祖谷山村榎442

アクセス

JR「大歩危駅」より車で約10分(事前連絡で送迎あり)

料 金

1泊夕食付き9720円〜

設 備

個室

ウェブサイト

http://www.k-n-a.com/

Title point 日本三大秘境の一つ、祖谷渓。かつての平家の隠れ里として知られ「とくしま88景」にも選ばれるこの地に、日本で最初に誕生した古民家ゲストハウスではといわれる宿がある。山の中腹にある築約90年の古民家を改装して2004年にオープン。雄大な大自然に囲まれながら、自然菜食の創作精進料理「マクロビオティック料理」を食べ、心も体も浄化されるデトックス体験をぜひ。

6228 views

秘境でマクロビ料理。日本初の古民家ゲストハウス

2016年3月28日(月)宿泊記録
  
こんにちは、だりです!
書籍づくりを口実に、以前から気になっていた日本各地のゲストハウスを訪れ歩く"20代最後のゲストハウス巡礼"。続いて向かったのは「自然菜食と田舎暮らしの古民家宿 空音遊(くうねるあそぶ)」です。
  
場所は、日本三大秘境の一つと謳われる徳島県の祖谷渓(いやだに)の近く。吉野川沿いを走る電車に乗って、JR「大歩危(おおぼけ)駅」に到着。事前のお願いで、駅まで車で送迎してくれます。着いたらオーナー・のりさんが拾いにきてくれました!
  
宿泊した日もそうでしたが、空音遊は海外から訪れる旅人も多く、約4割が海外ゲストなのだそう。海外ゲストが多い理由は、和ませ上手なのりさんの人柄はもちろんですが、大自然×古民家ゲストハウス×マクロビオティック(マクロビ)料理という掛け算の魅力からも。
  
マクロビ料理とは、動物性食品・化学調味料・砂糖を使用しない自然菜食の創作精進料理のこと。なのでビーガンやベジタリアンのゲストも安心です。精進料理って聞くと質素なイメージかもしれないですが「え!これ鶏肉の唐揚げじゃなくて豆腐でつくってるの!?」と驚かされる美味しい料理たちがフォトジェニックに盛り付けられて登場するので、見るのも食べるのも楽しい。
  
近隣の温泉にゆったり浸かって、交流スペースでみんなで食事して、夜は満天の星空を仰いで、朝は改めて周囲の自然環境の雄大さに驚き、また美味しいマクロビ朝食をいただけちゃう...。のりさんと話す会話でも心が癒されるし、心身ともにデトックスさせてもらえる宿です。
  
ちなみに、のりさんによると「開業前に“古民家 ゲストハウス”と検索したところ該当はゼロだったから、公に明記したのはうちが最初じゃないかな」とのこと。一般的な素泊まりゲストハウスとはかけ離れた宿泊価格ですが、マクロビ料理をはじめとする魅力の数々と、近隣の温泉入浴料も込みだということを考えると、リピーターや口コミによる訪問者が多いのも納得です。
    
JR「大歩危駅」に到着。ちょうど桜の綺麗な季節でした。
山道をどんどん進んだ先に、古民家が登場。ここが空音遊です。
縁側の下には薪がありました。
ここが談話室。食事や団らんはここで行います。
談話室に備え付けの飲み水は、この土地の湧き水だとか!
読書家ののりさんらしく、宿の本棚は2層になるほど、ぎっしり。
そうこうしているうちに、台所から良い香りが...。
のりさんの奥さん手づくりマクロビ料理!新感覚と美味しさに何度も驚きながら完食。
デザートまであります。しかも、これも動物性食品や砂糖を使っていないマクロビ料理!
古民家といっても水周りは一新。ここが洗面台。
こっちがトイレ。
DIYでつくった離れもあります。
母屋は和風でしたが、離れの中は洋風です。
朝目が覚めてカーテンを開けると、こんな景色が...!
「ここってこんな山腹だったんだ!」と改めてびっくり。
ハイ、最高の縁側がこちらです。
朝食ももちろんマクロビ料理。朝ごはんと晩ごはん付きは1泊10800円です。
日本語と英語が混ざり合う談話室で、ゲスト&空音遊のみんなで美味しくいただきました!
  
大正大学の月刊誌「地域人」でも紹介記事を掲載しています。
  
*こちらのゲストハウスは、下記の本でもお薦めしています。
 『ゲストハウスガイド100 -Japan Hostel &Guesthouse Guide-
 実体験をもとに全国のゲストハウスから100軒を厳選した、初の全国版ガイドブックです。
日本を味わう古民家ゲストハウス

関連記事

ページトップに戻る

Title others

その他いろいろ

Sm footprints 特集|KEYS INTERVIEW 02
「株式会社 宿場JAPAN」渡邊 崇志さんに聞く、“伴走・共有型”の開業研修と、日本のゲストハウス誕生の経緯。
Footprints 特集|KEYS INTERVIEW 01
メディア「MATCHA」青木 優さんに聞く、世界から見た日本のゲストハウスの今。中長期滞在を導く要素“ゲーム性”とは。
Footprints ゲストハウスとは
「ゲストハウスって何?」という方へ。当サイトの定義です。
Footprints 宿開業における法的な手順概要
ゲストハウス開業における手順、大枠の概要をまとめました。
Footprints ゲストハウス・マガジン
大正大学の月刊情報誌「地域人」で、ゲストハウス紹介コラムを連載しています。
Sm footprints クラウドファンディングお手伝い
MotionGalleryをご検討中の方、無料でサポートしています。