FootPrints Mark
Logo
香川県

風のくぐる

お遍路近くの風と光がくぐりぬける家

Footprints
住 所

〒765-0012 香川県県善通寺市上吉田町306-1

アクセス

JR「善通寺」駅から徒歩13分

料 金

素泊まり1泊2900円〜

設 備

女性相部屋/男性相部屋/個室

ウェブサイト

http://kuguru.net/

Title point 弘法大師「空海」が誕生した香川県善通寺、お遍路の傍にあるゲストハウス。2012年12月OPEN。建物は始めから自宅兼ゲストハウスを目的として建設。ソラマドで有名な建築家である井内清志氏によってデザインされた建物だ。窓は全54カ所、建物中心部分は吹き抜けのテラスがあり、風と光で心地の良い空間。洗濯機と乾燥機は無料・各部屋テレビ付など、細やかな心遣いに溢れる宿である。

13858 views

お遍路近くの風と光がくぐりぬける家


2014年5月2日に宿泊させていただきました!
香川県で離島ではなく本当に宿泊するのはこれが初めて!
西日本を巡るゲストハウス放浪生活がはじまって12日目で9軒目のお宿です♪


こちら、2012年12月OPENされた香川県善通寺駅が最寄り駅の「風のくぐる」さん。
この地はなんと、あの弘法大師「空海」が誕生した善通寺がある場所なんです。
そして、四国といえば「お遍路」で有名。お遍路とは、四国にある88ヶ所のお寺を巡る
空海が定めた巡礼のことで、その巡礼を行う人のことを「お遍路さん」と呼びます。
そのお遍路の67カ所目から最後の88カ所目が、この香川県にあるのです。


こちらのゲストハウス、徒歩すぐの道がお遍路さんのルートになっているのです♪
なので、珍しいことに洗濯機と乾燥機の使用は無料!(洗剤も備えて下さっています)
「1日中歩いたお遍路さんは汗だくなはず。なので洗濯機と乾燥機は無料にしているんです」
と、なんとも優しい心遣い。ゲストハウスを点々と旅していた私にとっても本当に有難かったです。
さらにお風呂場の湯船は通常の家庭サイズの1.5〜2倍のサイズで、湯船も入れてくださる心遣い!


お遍路さんの通過宿として宿泊するにも最適の宿。
さらに、香川県と言えばうどん!宿から徒歩圏内で味わえます。
さらにさらに、空海が生まれた善通寺へ伺うにも便利な場所なんです。


場所も良いのですが、何よりオーナーさん&宿が良いんですよー!!
オーナーさんは氏家さん、48歳の男性です。もうこの方が気さくで優しい!!
実際お会いすると、なんだかずっと前から知り合いなのではというくらい壁の無い優しさ♪
建物自体も面白く、実は珍しいことに、始めから自宅兼ゲストハウスを目的に建てられたのです。
今まで約50軒近くのゲストハウスを紹介してまいりましたが
どこも「改修・改装」というワードという言葉は必ず登場してまいりました。
それが、この宿は「ゲストハウスをしながら家族で暮らすために建てた家」という珍しいパターン。


デザインの設計は、ソラマド建築で有名なアトリエSORAの井内清志さん
井内さんがモデルルームを開催されていた時に偶然見学し
自宅兼宿の設計をお願いしたところ、今までにない新しい依頼に井内さんも積極的になって
楽しそうに作業に取りかかって下さったそう♪


その結果、建物中心部分は大きな吹き抜けのテラスとなり
まるで直島の地中美術館にあるジェームズ・タレルの作品のように空を四角く切り取っています。
さらに全54箇所の窓を持つという、なんとも風と光の通る心地の良い空間になりました。
壁も白いので、昼間の室内は光りが差し込んでカーテンが揺れて、不思議な真っ白な空間に。
夜は、外から見ると窓から四角い灯りがたくさん浮かび上がり、なんとも幻想的な建物に。
何もかも居心地良く、思わず長居をしてしまいそうになる本当に素敵なゲストハウスでした。


宿のすぐ傍にある「お遍路」さんの道しるべ。
こちらが風のくぐるさんです♪
この看板がある方から入って下さい。
ここが共有リビング♪ 夕方ここでオーナー氏家さんとお話orゲスト同士でお話も可能♪
リビングにあるソファー後ろの壁は黒板。ゲストからの御礼のコメントがたくさん!
お水やお湯はフリーでこちらから頂けます。よく見るとお子さんの作られた作品や文字も♪
中央テラスはこちら。
上を見上げるとこの空!!!
階段をあがって2階へ。
廊下にも窓がたくさんあり、日の光りがいっぱい入ってきます。
お部屋には気持ちのよい畳が。2段の上の部分に寝ます。
窓から風と光りが舞い込んできます。
各部屋には小さな机があります。
各部屋テレビあり!夜は早めの就寝者を気遣い、視聴用イヤホンが各部屋に設置されています♪
2段の上部分に寝るのですが、上段へあがるための階段にもまた一工夫。収納ボックスに。
個室の壁には赤い金魚が気持ち良く白い壁を泳いでいます。
サイズ様々な窓から差し込む光りが綺麗。
2階には共有デスクと本棚があります。
こちらが1階のお風呂の洗面台。当日のゲスト全体の男女比で男湯・女湯を振り分けます。
この日は女性宿泊者が多く、こちらが女性風呂に♪ 体を洗うシャワーが2つ!
なんと!浴室と浴槽が広い!夜は浴槽にお湯をはってくださいます!
こちらがもう一つのお風呂場。
こちらも綺麗!
洗濯機と乾燥機は無料で使用させていただけます。
お手洗いは男女別。
おトイレはこんな感じです。
1階の共有リビングには、こんな地図も。お遍路さんに関して詳しい情報が!!
プラス420円で朝ご飯も頂けます。健康的で美味しいごはん♪
夜はなんとも幻想的な風景が。
こちらがオーナー氏家さん!笑顔の素敵な優しい方でした!!!
  
*こちらのゲストハウスは、FootPrints推奨の下記の本でも紹介されています。
 『ゲストハウスガイド100 -Japan Hostel &Guesthouse Guide-
 実体験をもとに全国のゲストハウスから100軒を厳選した、初の全国版ガイドブックです。
右脳くすぐる個性派ゲストハウス

関連記事


香川県の他のゲストハウス

ページトップに戻る

Title others

その他いろいろ

Sm footprints 特集|KEYS INTERVIEW 02
「株式会社 宿場JAPAN」渡邊 崇志さんに聞く、“伴走・共有型”の開業研修と、日本のゲストハウス誕生の経緯。
Footprints 特集|KEYS INTERVIEW 01
メディア「MATCHA」青木 優さんに聞く、世界から見た日本のゲストハウスの今。中長期滞在を導く要素“ゲーム性”とは。
Footprints ゲストハウスとは
「ゲストハウスって何?」という方へ。当サイトの定義です。
Footprints 宿開業における法的な手順概要
ゲストハウス開業における手順、大枠の概要をまとめました。
Footprints ゲストハウス・マガジン
大正大学の月刊情報誌「地域人」で、ゲストハウス紹介コラムを連載しています。
Sm footprints クラウドファンディングお手伝い
MotionGalleryをご検討中の方、無料でサポートしています。