FootPrints Mark
Logo
神奈川県

箱根 ねんねこや

箱根の山を臨む心温かなおうち

Footprints
住 所

〒250-0401 神奈川県足柄下郡箱根町宮城野374-1

アクセス

田原駅東口箱根登山バス4番乗り場から桃源台行きで約30分「宮城野支所前」下車徒歩3分

料 金

素泊まり1泊3500円〜

設 備

男女混合相部屋/女性相部屋/個室

ウェブサイト

http://hakone-nennekoya.com/

予約サイトへ
Title point 温泉で有名な箱根の強羅エリア方面、青い山々が臨める場所にあるゲストハウス。宿の前が登山ルートになるほど自然に近い環境。女性オーナーの母がセカンドハウスとして借りた家を2013年8月から気軽に人々が交流出来る場所にしようと、ゲストハウスという形で開業することにした。営業スタイルは珍しく、OPEN当初は金土日のみ。冬の間は寒さが厳しいためクローズ。3月に再開。今は週5日営業(水木休み)心遣いに溢れ、実家に帰ったような寛ぎがある。徒歩圏内に温泉あり。

8778 views

箱根の山を臨む心温かなおうち

2014年3月22日(土) 宿泊記録
  
箱根にあるゲストハウス「ねんねこや」さんへ宿泊しました。


私自身今月をもって今の会社を退職するので、会社の送別会をしていただいた後
癒しの温泉旅行へ行くぞ!温泉と言えば箱根だ!と思い
まず箱根行きを決定、そこから宿探しをしました。


ネットで「箱根 ゲストハウス」と検索をすると
2件ほどヒットし、ホームページを拝見して、こちらに3月1日にお電話。
「寒い季節は冬期休暇をいただいていたのですが、3月からちょうど
 再開してオープンしていますよ♪」と明るい女性の声。
タイミングの見事な合致具合に感動し、ホクホクしながら予約。
電話の後、予約完了のショートメールが、電話の声の主女将レナさんから。
丁寧な方だなあ〜と思いつつ幸せ気分で予約を終えました。


そして当日、温泉で有名な箱根の強羅方面、青い山々が臨める場所
懐かしい雰囲気のある民家に囲まれながら、少し坂になった道を上がると
その民家の中の1軒に、ゲストハウス「ねんねこや」さんが。
宿の目の前にある道自体がハイキングコースらしく
宿を越えてさらに上って行くと自然を楽しめる登山ルートになっています。


お宿に到着する迄の道には、湧き水の汲み場があったり
夜道ぱっと顔を上げて空を見ると、すっっっごく星が綺麗だったり
そこが大自然の入り口にあることを認識させてくれる瞬間に多々出逢えます!


女将レナさんのお母さんが山好きな方で、山に囲まれたこのおうちを
はじめはお母さんがセカンドハウスとして借りていたそうです。
そこを2013年8月からゲストハウスとして娘のレナさんが開業
2013年8月〜11月半ばまで金土日のみOPENし、のち冬期休暇でクローズ。
そして2014年3月1日から週5日(水木休み)として再開しているとのこと。


レナさんは建築系のお仕事をされた経験もあって
ご家族と知り合いの大工さんなどの協力を得ながらこの家の改装を行ったそう。
元々この宿は昔別の会社の社員寮として使われていた時期もあり
洋風に改築された箇所もあったそうですが、そこを古い和の建具にあえて変え直す等
「懐かしい和の建造物が放つ心地良い空間」を大事に改修作業を行ったそうです♪


箱根ゲストハウス、ねんねこやさん♪ 可愛い猫マークが目印(※ 猫は居ません)
お宿から見た景色。箱根の山が見えます。車も2台駐車できます♪(有料)
居間には猫の写真が飾っています。が、猫は居ません(笑
懐かしい型の時計が居間と廊下にあります。
居間にある可愛らしい小さな棚。
居間の棚です。パソコンの後ろの地図を見ると、エヴァ好きには嬉しい箱根説明マップが。
こちらが居間。夕刻になるに連れ、窓から黄色い灯りが外に漏れて行きます。
朝になると逆に居間には外の光が差し込んできます。朝食等もここで頂きます。
皆が自由に使える台所。ゲスト用冷蔵庫には前の宿泊者による置き土産のお酒もありました。感謝!
廊下はこちら。この左の引き戸、以前は洋扉だったものをわざと和風に取り替えたそう!
奥の女性専用ドミトリー。
男女混合ドミトリーは、天井に高い天窓が。朝になるとここから日が射すそう。
こちらは個室。
この個室に光が十分に入るようにと、扉をこういった和のガラス引き戸に差し替えたそうです。
ガラス引き戸の個室は、こういった鍵が付いています♪
湯たんぽも貸し出してくれましたー♪ 寝る時ぽかぽか温めてくれる湯たんぽ♪
洗面台。洗濯機もドライヤーもあります。
こちら奥がお風呂場。手前の手作りの棚もわざと浮かした扉が可愛い。
お風呂場はこちら。
温泉に行く時に、必要なものがあればお風呂グッズを貸し出して下さいます。
おトイレはこちら。和を大事にと言えど、ここはちゃんと洋なのでご安心を!
朝食もお願いできます。宿にチェックインする時にお願いすると次の日の朝、参加出来ます♪
ひと晩つけ込んだフレンチトースト!!!!
美味しかったー!皆1人2〜3切れほど食べてお腹いっぱい味わっていました♪
外観はこんな感じです♪
お庭側の手作りの小上がりの台は、夏はBBQの椅子にしたりと楽しい事に多様に使っているそう♪
こちらが女将のレナさん♪ 穏やかかつ好奇心旺盛でいろんな話に参加して下さる素敵な女性でした♪
  
*こちらのゲストハウスは、FootPrints推奨の下記の本でも紹介されています。
 『ゲストハウスガイド100 -Japan Hostel &Guesthouse Guide-
 実体験をもとに全国のゲストハウスから100軒を厳選した、初の全国版ガイドブックです。
女性オーナーがきりもりする宿

関連記事


神奈川県の他のゲストハウス

ページトップに戻る

Title others

その他いろいろ

Footprints ゲストハウスとは
「ゲストハウスって何?」という方へ。当サイトの定義です。
Footprints 宿開業における法的な手順概要
ゲストハウス開業における手順、大枠の概要をまとめました。
Footprints ゲストハウス・マガジン
大正大学の月刊情報誌「地域人」で、ゲストハウス紹介コラムを連載しています。
Footprints ゲストハウス BOOK LIST
最近、国内のゲストハウスに関する書籍が増えてきたので、まとめてみました。
Footprints インスタはじめました
FacebookとTwitterで新着情報、Instagramで旅の記録をそれぞれ発信中!