FootPrints Mark
Logo
長野県

梢乃雪(こずえのゆき)

"なにもない"がここにある…農村体験の古民家

Footprints
住 所

〒399-9511 長野県北安曇郡小谷村中土12965-1

アクセス

「南小谷駅」からバスで雨飾高原行「瑞穂」下車、徒歩8分(車の送迎は宿へ応相談)

料 金

夜朝の食事付き1泊4600円〜

設 備

男性相部屋/女性相部屋/個室

ウェブサイト

http://kominkasaisei.net/

Title point 小谷という村にある大自然体験型のゲストハウス。畑もあり、農家民宿を目的に宿泊する人も多い。築150年の古民家を活用、2011年4月に宿としてOPEN。人懐っこい看板犬コーギーが出迎えてくれる。珍しく宿代には晩御飯と翌日の朝食の食材費が含まれており、宿の看板スタッフの男性を主導にその土地で採れた野菜等を用いて料理を一緒に作り、宿泊者皆で楽しむというスタイルを取っている。皆で温泉へ行き、皆で晩ご飯を作り、皆で囲炉裏を囲んで食事する。朝、縁側で飲む珈琲も美味しい。

11819 views

"なにもない"がここにある…農村体験の古民家

2014年03月27日(火) 宿泊記録


長野県にある白馬よりもっと奥の土地
信州最北西の「小谷村(おたりむら)」にゲストハウスがあります。


築150年の古民家を利用したお宿。宿を囲むのは山・山・山。
大自然に囲まれ、お宿の畑もあり、農家民宿の体験を目的として訪れる方も多いよう。


宿主は、以前長野のゲストハウスイベントで出逢った86年生まれのたつみかずき氏
運営メインスタッフは、動じない低音ボイスがウリのぐっさんこと山口氏。
米や野菜の作り方など村の暮らしを教えてくれるおやっさんことたつみ父。
そして、人懐っこく名前を呼べば喜んで駆け寄ってくる看板犬コーギーのアイン
(この日は、2号店の「カナメ」さんからスタッフのちさちゃんも来てくれました!
 実は約3年前ちさちゃんの就活OG訪問時に大阪で会っており、今回偶然の再会!)


山の奥にあるので、まず宿までのルートに迷ったら一度お宿に相談してください。
高い確率で低音ボイスのぐっさんが優しく一番良い方法を一緒に考えてくれます♪
宿では畑作業や米作りなどを体験できます。が、私が泊まったのは3月末の雪の頃。
畑等は雪の下でしたが、自然のふきのとうを皆で摘んで天麩羅にして、いただきました♪


宿に着いて、ふきのとうを摘んで、ぐっさんの運転で温泉へ。
ゲストが居る時はいつも車で長野の温泉場所まで一緒に行ってくれるのだそう。
さすが長野、日本国内で2番目に温泉が多い土地!!
温泉場所のレパートリーが沢山ありました!(宿にもお風呂があります◎)


宿泊料には晩ご飯代も含まれており、ぐっさんが主導になって皆で晩ご飯作り。
冬場はお鍋!ということで今回は特製の味噌鍋を、ふきのとうの天麩羅と
自家製の美味しいお米と美味しいお酒と共に、囲炉裏を囲んで皆でいただきました♪
実は朝ご飯も宿泊料に含まれていて、目が覚めるとぐっさんの特製朝ご飯が!
朝ご飯をいただいた後、今度は縁側へ。私は珈琲をいただきました。
ここはチェックアウトの時間は特になく、昼までの〜んびりしてしまいました♪


ここでは、誰もが家族のように時間を一緒に過ごせるため
まるで自分の懐かしい田舎に帰って来たような気分になります。
訪れるなら畑も縁側も楽しめる夏がお勧めだそう!(3月は一番何もないって笑)


山の中にどんっ!とあるのが、ゲストハウス梢乃雪さんです。
近くで見ると大きい。昔はこの裏に大きな栗の木が生えていたのだそう。
車を駐車する所がにょきっと出ているのがわかります。車は数台あって坂の上にも駐車場あり。
これがかずきくんの車。
私は車で迎えに来ていただいたのですが、降りるとすぐに看板犬アインが駆け寄ってくれました!
お宿に入ると目の前には暖炉が。
居間にはコタツがありました。左がぐっさん・右がかずきくん♪
女子専用の相部屋はこちら。
襖を開けると、奥が男性専用の相部屋になっています。
部屋からも外の雪景色が見えます。
こちらが個室。個人的には個室より女性専用の相部屋が一番日当り良くて好き!
こちらが囲炉裏。夜はここを囲んで皆で食事。
囲炉裏の部屋の奥に台所があります。
洗面台はこちら。
洗濯機もあります。
お風呂場。温泉の地 長野なので、せっかくだからと、ほぼ皆一緒に車で温泉に行く方が多いよう!
こちらお手洗い。
まだ雪の残る時期だったので湯たんぽを貸して下さいました!昔ながらの重たいやつ♪
自家製のお米!貯蔵しているお米は宿にて販売もしています!
さて晩ご飯のふきのとうを摘みに行きましょう!前から順に、アイン・ちさちゃん・ぐっさん。
天然のふきのとうを油で揚げて…
お塩をまぶしていただきました!!すごく美味しい!!!!しめじも一緒に揚げてくれました!
そしてメインは味噌鍋!!!!この土地で作った味噌の鍋!隠し味はニンニク♪
次の朝はぐっさん特製の朝食♪ ぐっさんファンのリピーターが多いのわかる!落ち着き度100%!
朝食後、珈琲と今日だけ特別にパンナコッタをいただきました!縁側での寛ぎタイム最高でした!
こちら2階のかずきくんの個人部屋!別空間!音楽イベントする時にこちらにもゲストを招くそう♪
  
*こちらのゲストハウスは、FootPrints推奨の下記の本でも紹介されています。
 『ゲストハウスガイド100 -Japan Hostel &Guesthouse Guide-
 実体験をもとに全国のゲストハウスから100軒を厳選した、初の全国版ガイドブックです。
日本を味わう古民家ゲストハウス

関連記事


長野県の他のゲストハウス

ページトップに戻る

Title others

その他いろいろ

Footprints ゲストハウスとは
「ゲストハウスって何?」という方へ。当サイトの定義です。
Footprints 宿開業における法的な手順概要
ゲストハウス開業における手順、大枠の概要をまとめました。
Footprints ゲストハウス・マガジン
大正大学の月刊情報誌「地域人」で、ゲストハウス紹介コラムを連載しています。
Footprints ゲストハウス BOOK LIST
最近、国内のゲストハウスに関する書籍が増えてきたので、まとめてみました。
Footprints インスタはじめました
FacebookとTwitterで新着情報、Instagramで旅の記録をそれぞれ発信中!