FootPrints Mark
Logo
石川県

グッドネイバーズホステル

みんなが主役。北欧カラーな世界が広がるホステル

Footprints
住 所

〒920-0852 石川県金沢市此花町4-19

アクセス

JR「金沢駅」から徒歩3分

料 金

素泊まり1泊2800円~

設 備

混合相部屋/女性相部屋/個室

ウェブサイト

http://goodneighbors.co/ja/

Title point JR金沢駅そばの路地裏に、おもちゃ箱の中のような配色が愛らしいホステルがある。かつてビジネス旅館が営まれた建物を改装、2015年5月にゲストハウスとしてオープン。駅近でビル型のベッドスタイル、語学堪能なスタッフも多いためか、特に欧米の海外ゲストに好まれている。また、ホテル業界に詳しいオーナーが独自で運営しているブログは、開業希望者に重宝されている。

2913 views

みんなが主役。北欧カラーな世界が広がるホステル

2016年4月1日(金)訪問記録
  
こんにちは、だりです!
書籍づくりを口実に、以前から気になっていた日本各地のゲストハウスを訪れ歩く"20代最後のゲストハウス巡礼"。続いて向かったのは「グッドネイバーズホステル」です。
  
JR金沢駅のすぐそば。路地裏にポツンと現れるツリーハウスのような扉を開けると、北欧カラーな世界が広がります。最も印象的なのは、1階の交流スペースにあるスカイブルーの壁。そこに飾られた絵画や時計も、なんとも可愛らしい配色です。今の姿からは想像が付きにくいですが、ここはかつてビジネス旅館が営まれた建物。改装して2015年5月にゲストハウスとしてオープンしました。
  
宿泊者は欧米の人が多め。夕方になると、1階のテーブルを囲むように自然とゲストが集まり、さまざまな言語で交流を楽しんでいるのだそう。ちょうどいいサイズのL字の空間に受付や交流スペース、台所などの各機能が集約されているため、コミュニケーションが生まれやすいのかもしれません。
  
オーナーの吉岡 拓也さんは、旅好きの元バックパッカー。起業する前は、誰もが一度は聞いたことのある宿泊施設の運営会社に勤めていました。独自のブログ「ゲストハウスクリエイターズノート」も有名なので、ゲストハウスの開業希望者は、きっと記事を読んだことがあるのではないでしょうか。
  
今回吉岡さんやスタッフさんたちとお話をして、初対面なのに同級生と過ごす放課後のような居心地の良さに、思わず長居をしてしまいましたが。。「オーナーの自分だけが主になるのではなく、スタッフひとりひとりが顔になる場づくりを心掛けたい」という言葉に妙に納得。それをまさに有言実行している宿でした。
  
エントランスを入ってすぐ、このスカイブルーが目に飛び込んできます。
共有スペース。全体的に、おもちゃ箱の中のような配色が可愛らしい。
共有スペースが見える場所に、台所があります。
こちらがシャワールーム。
トイレはこんな感じ。空間によって壁紙がちょっとずつ異なります。
階段をあがってみましょう。
洗面台はこんな感じ。
こちらが相部屋の二段ベッド。
カーテンもそれぞれ違うデザインです。
二段ベッドの階段が横付けの幅広になっている部屋もありました。これは有難い!
テラスもあるので、たまには夜風にあたって、一人でぼんやりするのも良いですね。
  
*こちらのゲストハウスは、下記の本でもお薦めしています。
 『ゲストハウスガイド100 -Japan Hostel &Guesthouse Guide-
 実体験をもとに全国のゲストハウスから100軒を厳選した、初の全国版ガイドブックです。

石川県の他のゲストハウス

ページトップに戻る

Title others

その他いろいろ

Sm footprints 特集|KEYS INTERVIEW 02
「株式会社 宿場JAPAN」渡邊 崇志さんに聞く、“伴走・共有型”の開業研修と、日本のゲストハウス誕生の経緯。
Footprints 特集|KEYS INTERVIEW 01
メディア「MATCHA」青木 優さんに聞く、世界から見た日本のゲストハウスの今。中長期滞在を導く要素“ゲーム性”とは。
Footprints ゲストハウスとは
「ゲストハウスって何?」という方へ。当サイトの定義です。
Footprints 宿開業における法的な手順概要
ゲストハウス開業における手順、大枠の概要をまとめました。
Footprints ゲストハウス・マガジン
大正大学の月刊情報誌「地域人」で、ゲストハウス紹介コラムを連載しています。
Sm footprints クラウドファンディングお手伝い
MotionGalleryをご検討中の方、無料でサポートしています。